Sponsord Link




Amazonでハードウェアウォレット買うのは危険!

 

ブログ更新がようやく日課になってきた

 

とけいです

 

さて、今回はハードウェアウォレットの重要性に関してお話していきたいと思います。

 

 

 

ハードウェアウォレットを知る

ハードウェアウォレットをAmazonやメルカリで買う危険性

 

仮想通貨の数量が多くなってくると、ハードウェアウォレットを導入して保管しようと考える人もいると思います。

その時、便利だからという理由でAmazonやメルカリで購入しようとしてませんか?

実はこれは絶対にしていはいけません。

なぜなら、素性の知れない業者から買うと、最初から悪意のあるソフトウェアに中身が書き換えられていたり、罠が仕掛けられている可能性があるからです。

ハードウェアウォレットは絶対に、公式サイトから直接注文をして買いましょう。

 

 

海外で被害に遭った実例

 

海外であった実例を紹介しておきます。この方はebayの業者からハードウェアウォレットのLedgerを購入しました。そして仮想通貨の全てを盗まれました。

Ledgerは、購入後はすぐ使用できるようにあらかじめセットアップされていたようです。そこにコインを送ったところ、どこか別の場所へ送金をされてしまったみたいです。

その詐欺ウォレットは、リカバリーシート(秘密鍵)を書いた紙が最初から封入されていて、銀色のスクラッチで隠されていたために信用してしまったそうです。

リカバリーシートは本来自分で作成するものであり、予め封入されていることはないです。

このリカバリーシートのコピーを犯人は持っていて、コインが入金されると盗みに走っていたようです。

 

 

 

細工方法

 

ハードウェアウォレットに細工する方法を見ておきましょう。

・予め犯人が罠を仕込んでおいて、プレセットアップとして販売する

・ソフトウェアに改造をして、犯人がコピーをもつ特定のリカバリーシートが表示されるようにする

・表示されているものに関係なく、特定のリカバリーシードが仕込まれているように改造する

 

リカバリーシートは必ず自分で作成して、他人からもらったものは絶対に利用しない事です!

 

 

 

 

ハードウェアウォレットの基礎知識

 

前提として、ハードウェアウォレットの端末自体は仮想通貨を保管するものではありません。

ハードウェアウォレットはあくまでの自分の口座(ウォレット)を開くための「秘密鍵」と呼ばれるものです。

 

ブロックチェーンと秘密鍵の関係性

ブロックチェーンは、「大勢の利用者のお金の出し入れを記録した巨大な台帳」で、秘密鍵はそこにアクセスするために絶対に必要ものとなります。

この秘密鍵を使うことで、自分の口座にお金がいくら入っているのか確認することが可能であり、引き出しや送金も自由自在に出来ます。

そのため、ハードウェアウォレットで自分の仮想通貨資産を守るということは、秘密鍵を自らが管理できる体制にあることを指します。

仮想通貨取引所に仮想通貨を置いておくのが不安だというのは、この秘密鍵が管理できないことにあります。取引所側に自分の秘密鍵を預けていることと同義になるからです。

 

 

 

ハードウェアウォレットの購入方法

 

日本の正規店で買うように注意してください。

正規ハードウェアウォレットご購入はこちらからどうぞ。

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA