DAG技術搭載のADKコインとは?

Sponsord Link




さて、今回はADK(Aidos Kuneen)に関してお話していきたいと思います。

 

ADKの特徴

 

・DAGを採用した通貨

 
 
ADK(Aidos Kuneen)はブロックチェーン技術を実は使っていません。

では何を使用しているのか?

その答えがDAGになります。

iMeshという DAGという技術を元にした技術がこのADKには採用されています。 

 

DAGはブロックチェーンをより進化させた技術とも呼ばれています。  

そのため、非常に将来的に期待できる機能です。
  

DAGに関して詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

次世代のブロックチェーン技術のDAGを解説してみた

2018.04.15

 

DAGでは、トランザクションの制限がありません。
 

そのためブロックチェーン技術を使用しているビットコインのようにスケーラビリティ問題の心配をする必要がありません。  

 

・匿名性の高さ

  

ADK(Aidos Kuneen)は匿名性が高い通貨です。   

トランザクションシステムを活用することによって、ユーザーの情報が公開されません。
  

トランザクションのシャッフル機能も備わっているため、完全にその情報はブラックボックス化します。   

その結果、強い匿名性を実現しています。

  

  

・手数料が無料

 

通常、暗号通貨は送信する時には、それなりの手数料がかかります。
 

当初は、BTCの送金手数料は安いと注目されていました。ですが、今はむしろ高いです。
 

BTCの数パーセントを送金手数料として、取られてしまうためです。
 
 

一方で、ADKは手数料が無料となっています。  

その理由は簡単。
ADKにはDAGが採用されているからです。

 

 
送金手数料が無料というのは、通貨が実用化されていく上で、非常に魅力的なポイントです。
  

手数料が無料になる事で、少額支払いにも利用出来やすくなります。   

他の仮想通貨は利用実現がしにくそうな生活必需品などを購入するケースに、このコインは非常に適していると言えます。
 

このように、ADKは今までの仮想通貨とは違う、実用性の高いコインとして注目を浴びつつあります。

 

次回もお楽しみに!  

 

 
 

 
  

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA