エアードロップで仮想通貨をただで貰える?

Sponsord Link




さて、今回は仮想通貨投資でよく聞くエアードロップに関してお話していこうと思います。

 

エアードロップ(AirDrop)とは?

AirDropとは

AirDropで仮想通貨が無料でもらえます。

嘘では、ありません。本当です!

無料というのは、とても不信感を抱いてしまうかもしれませんがほんとに無料で貰えます。
というのも、無料で配るには訳があります。

まずは無料で配布して、保有者を増やすというマーケティングを取り、仮想通貨に価値を付けていきます。  

新商品の無料サンプルと考えれば、合点がいくと思います。

 

なぜ、AirDropは無料で配ってくれるのか

A.発行したトークンを買ってもらうため
・通貨の保有者を増やす
・認知度を高める
・通貨のブランド力(市場価値)を高める

 

AirDropを実施している銘柄は?

AirDropをしている銘柄はもちろん1つや2つではなくたくさんあります。
その中にはスキャム(詐欺)銘柄もありますので、自分でしっかり調べることは大事ですね。
※ちなみに、ウォレットの秘密鍵(パスワード)を聞いてくるような案件は100%詐欺です。注意してください。

下記のページからAirDropを実施している銘柄を実施している銘柄を調べることが出来ます。ぜひ!

 

AirDropでトークンをもらう方法は?

AirDropのトークンをもらう方法は、その銘柄ごとに条件が変わってきます。
一番多いパターンは、メールアドレスの登録やツイッターなどのSNSでのリツイートなどです。

条件をつける目的は、トークンの知名度上昇の一点に限ります。
また、AirDropされるトークンはイーサリアムのERC20を使ったものが多いのでマイイーサウォレットでの受け取りが多くなります。

ERC20の解説記事はこちら

なぜERCが出来たのか

2018.03.13

 

AirDropでトークンを貰うために準備しておきたいもの
・メールアドレス(捨てアドレスが望ましい)
・ツイッターアカウント
・マイイーサウォレット

 

ポイント

ここまでAirDropについて説明してきました。
AirDropは将来性のあるトークンがあれば儲かります。

ですが、AirDropする銘柄はマイナーなものが多いので、上場せずに「価値が0のまま終わっていく」ことも多々あります。
また、スキャム(詐欺)案件には、細心の注意を払わなければなりません。

Ledger Nano S(ハードウェアウォレット)を利用してマイイーサウォレット上にウォレットを作ることで、マイイーサウォレットを最も安全に管理できます。

レジャーナノSの購入がまだの方は1つは持っておきましょう!




次回もお楽しみに!

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA