ALISが導く評価経済

Sponsord Link




今回はALISが導く評価経済に関して記事にしていきたいと思います。
 

 

ALISが導く評価経済

 

 

日本の国策としての一億総活躍社会に基づいた働き方改革の一つに副業推進があります。ALISのプラットフォームを用いれば、仕事の受発注できるシステムを構築することが将来的に可能になります。

日本は、少子高齢化社会に直面していて、労働人口不足にとらわれています。それは、だんだん酷くなるものと考えられています。その改善のためには、労働者一人ひとりの生産性の最大化が求められますが、上手く入っていません。

その最大の原因は「個人の信頼度がまったく可視化されていない」点にあります。

ここに対して、ALISをプラットフォームとして信頼データを蓄積・活用することにより、個人の評価が可視化できるようになります。

 

そうすることで、良い情報発信を行う人は良い評価を得るはずだという仮説が立証されていき、トークンを受け取ることで、その報酬システムは機能していきます。

 

 

 

プラットフォームに関して

 

 

読者が良いと思う記事を作成したクリエイターとその記事を初期の頃に評価した人に対して、より多くのALISトークンを配布していきます。そうすることで、信頼できる記事・人を発掘できるソーシャルメディアプラットフォームを目指す事が出来ます。

その最終的な目的は、「人の信頼を可視化する」ことであり、国策と結び付けて推進していくビジョンを持っています。

ALIS内の記事では、ひと目でどの記事が高評価を集めているか及びALISトークンの報酬を得ているか分かるデザインに設計されています。そのため、どの記事を信頼してよいのか、瞬時に判断できる仕組みになっています。

 

 

 

人も評価できる

 

記事だけではなく、信頼できる人をリストアップする事がALISでは可能です。

そのため、人ベースでの情報収集をすることも簡単にできます。更に、専門性のタグを設置する事で、どの人がどのジャンルに長けているかを調べることが出来ます。

ジャンルごとにリストを分けておけば、従来よりも質が高く、専門性が高い情報を分野ごとに読むことが可能になります。

 

 

良い記事を集めるために

 

 

より良い記事を集めるために、ALISは報酬システムを評価経済に繋げていきます。まず記事の投稿者に対して、より多くの人が認める記事を作り出した人により高い報酬を払います。そして、その記事をいち早く見つけた人に対しても高い報酬を支払います。

 

投稿者だけでなく、情報収集能力が高い者にも、ALISトークンを多く渡すことで、より良い記事のネットワークを構築していきます。

これらに加えて、ALISトークンを多く持っている人ほど、報酬の量を増やしていきます。よりALISトークンの報酬を得れば得るほど、インセンティブが増えていくので、良質な記事を生み出したり、その記事を見出す人がより活発になるグッドスパイラルを形成していきます。

 

 

このように、ALIS内のプラットフォームは良質な記事を書く環境には優れています。

 
今後、どのように普及させていくのかは課題になりますが、今後も目が離せません!

次回もお楽しみに!

 
<ALIS>

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA