ALISが外部企業と連携し始める。

ALISがICOをして、早1年が経ちました。

とけいは、国産ICO「ALIS」の立ち上げ時期から、その存在を知っていました。

  そして、今では「ALIS」のヘビーユーザーです。

 

今回はそんな「ALIS」に関するお話です。

ALISについてはこちらの記事をどうぞ

ALISが導く評価経済

2018.03.07

ALISが外部企業と連携し始める。

ALIS×マイクロソフト

ブロックチェーン技術を活用したソーシャルメディアの運用・構築を行うALISと日本マイクロソフトが「投げ銭」API開発のための協業を開始しました。ブロックチェーン技術を活用した仮想通貨やトークンによる「投げ銭」機能を実装、実社会に適応させていくことでトークンエコノミー時代の価値の移動をスムーズにしながら、国内ブロックチェーン業界の健全な普及に貢献していきます。

<記事一部引用>

このニュースはALISユーザーをとても驚かせました。

トップクラスの企業である「マイクロソフト」と手を組むことで、「ALIS」の認知度・知名度及び企業の信頼性が増すことが期待できます。

 

 

これには、ヘビーユーザーのとけいもニッコリです…!!

 

MyToken×ALISの業務提携を発表

MyToken×ALIS

ALISは、中国を中心に100万人以上が使う仮想通貨アプリMyTokenと2018年7月31日から業務提携を行います。これにより、ALISとMyTokenは、お互いのコミュニティ発展を目的に日本と中国におけるCryptoマーケット状況や規制などの最新情報を相互にシェアしていきます。

<記事一部引用>

こちらのニュースは業務提携ということで、より深い関連であることが分かります。

 

ユーザーから見たMyToken×ALISのメリットってなんだ…??

 

 

それは、ALISクリプトカテゴリーの記事がMyTokenのアプリ上に自動連携されて

記事が載るということです。

 

この提携により、ALIS外部でも記事を読んでいただくことが容易になりました。

記事を書いている人なら分かると思いますが、

一番難しいことは自分の書いた記事をたくさんの人に読んでもらうことです。

ALIS上の記事は、この問題を簡単に払しょくしてくれます。

皆さんもぜひ、ALISで記事を書いてみましょう。

 

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA