BCH(ビットコインキャッシュ)とは??

Sponsord Link




さて今回はビットコインキャッシュ(BCH)の特徴に関して

 

話していきたいと思います。
 

 

 

 

 

まず、この記事の前に読んでほしいビットコインキャッシュの出来た経緯を書いた記事を載せておきます。

ぜひ読んでみて下さい。

ビットコインキャッシュの誕生経緯とは?

2018.02.03
 

ハードフォークから生まれたビットコインキャッシュ(BCH)

 

 

性質を知る
  • Segwitは実装されていない
  • ブロックサイズは最大8MBまで拡大(BTCは1MB)
  • BTCとは共存せず、独立したコインである

 

Segwitの件ですが、実装してしまうと現行の機材が使用できなくなってしまいます。

 
 

そこを嫌がった中国のマインニングプールの強行ハードフォークですから、当然Segwitは実装されていません。  

 

そして、ハードフォークということである時点から完全に新仕様としてBCHは誕生します。当然BTCとは、分岐してそれぞれが別々のコインとして歩みを進めていきます。  

下記にソフトフォークとハードフォークの違いを説明した記事を載せておきます。ぜひそちらもご覧ください。

BTCの弱点・それを補うHF(ハードフォーク)とは?

2018.02.02

 

 

 

BCHの配布方法

BTC所有者に同数のBCHが配布されました。
 

つまり、100BTCを所持していた人は、何もしていなくても100枚分のビットコインキャッシュ(BCH)を手に入れることが出来たのです。

 

ただ、BCHの価値が、BTCと同等だったわけではありません。

 
株でいうところの「株式分割」に類似した仕組みとなり、この2種類のコインの価値も分割されるだろうとの予測でした。

 

実際、BTC:BCH=9:1の割合で、日本円の価値は分散されました。

 

長期ホルダーにとっては、後に仮想通貨市場の規模発展により両コインとも暴騰し恩恵を受ける結果となりました。

 

BCHの将来性

現在でもオリジナルコインであるビットコインが一番であり、時価総額ランキングのトップであります。

ただ、BCHがいずれBTCに代わって時価総額で一番に立つという声もあります。

 

それはこのような経緯の上で、ビットコインキャッシュが機能的にビットコインよりも優れているからだ、という意見からきています。

 

また、ビットコインの完全な上位交換として生まれたコインであるため、「本当のビットコインはビットコインキャッシュである」との主張まであります。

 

このようにビットコインキャッシュ(BCH)は、ビットコインよりも優れた機能を持っているため、覇権をとる日が将来あるかもしれません。

 

次回もお楽しみに!!

 

 

 

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA