Sponsord Link




ブロックチェーンの2つの型

さて今回は、ブロックチェーンの2つの型に関してお話していきたいと思います。

 

 

オープン型のブロックチェーン

 

ほとんどの仮想通貨がこのオープン型に属しています。

オープン型のブロックチェーンでは誰もが取引参加可能であり、承認も同じであります。

そのため、もし誰かが悪意ある行動をしても、このシステムが成り立つように設計されています。

ビットコインがその代表的な例であり、考案者とされるナカモト・サトシ氏は、仮に悪意あるユーザーが一部出たとしても、多数決をとるろ善意が勝つであろうという行動心理学をもとに設計したとされています。

 

自由度か高いオープン型のブロックチェーンですが、このような設計のためにセキュリティー面において時間と費用を要することになります。

 

特にビットコインで採用されている認証方式のPoW(プルーフオブワーク)は、多大な電力が必要となるため費用が重くのしかかります。マイニングの演算速度を上げようとすればするほどコンピューターへの費用の負担が増すことはいうまでもありません。

 

 

このようにオープン型は自由度が高い分、セキリュティー面に細心の注意払わなければなりません。

 

 

 

 

 

クローズド型のブロックチェーン

 

 

クローズド型はオープン型と違い、参加者をある程度限定的に絞ります。

公開情報や承認可能な人を制限することで、より迅速な対応・プライバシー保護に特化した型になります。

代表的な仮想通貨はリップルが採用している分散型台帳になります。

従来、理想として描いていた非中央集権には程遠くなり、限りなく中央集権に近くなってしまいます。ですが、このブロックチェーン技術と金融機関などのビジネスにおいて、このクローズド型の方が相性が良いです。

 

そのため、現在実証実験などでブロックチェーン技術を研究している金融機関はこのクローズド型を採用していることがほとんどです。

ブロックチェーン技術(イーサリアム)を企業に連携することに関しては、以下の記事をぜひご覧ください。

イーサリアムと企業の連携

限定された企業やユーザーにしか使用できないこのクローズド型は、漏れてはいけない機密情報の管理などに適していると言えます。また、オープン型のように悪意あるユーザーの想定を最小限に設計することが可能ですので、取引検証や認証にかかる時間を削ることが出来ます。

 

ビットコインの台頭により、ブロックチェーン技術はオープン型しかないような説明も見受けられますが、このように2種類に分類することが出来ます。

将来、活躍するブロックチェーン技術はこのクローズド型なのかもしれませんね。

 

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA