人気ブロガーになるためにしなければいけないこととは?

Sponsord Link




ブログを運営し始めて、当然おもうことは日々のPVであったり、人気に関する指標を常にチェックしています。

そして、他の人気ブロガーの報告を見て

「なんで、こんなに差があるんだ」

とうなだれることも少なくないです。

大人気とはいきませんが、少しずつ人気になってきたとけいのブログに照らし合わせて少しお話していこうと思います。

人気ブロガーになるためにしなければいけないこととは?

インフルエンサーには大量の「PV」がつく??

インフルエンサーの定義が少しぼんやりしているので、「人気者」という表現に置き換えさせていただきます。
「人気者」には、大量の「PV」がつくのは当然だと思います。だって、人気者なんですから。

人間誰でも人気者になりたいと思うし、うらやましく思うのは仕方ないことです。
また、このブログのシステム上、「PV」を多く集められるということは広告料に直結します。なので、少なからず羨望の目を持たれる事には違いありません。

人気者はなぜ「人気者」になれたのか?

ここで、羨ましがっているだけでは永遠に「人気者」になれません。
あなた自身が「人気者」になるためには、他の人気者がどうその道を駆け上っていったのか、プロセスを分析をすることが一番です。

特に分かりやすいのは「お笑い」です。
「ブログ」で人気者になることと、「お笑い」でスターになる道のりは似ていると考えたため、今回はこのような例を挙げさせていただきます。

バナナマンや千鳥など、個人的に大好きな芸人で分析してみることにしてみます。

最初から彼らは人気者だったのか?

全然、人気者ではありませんでした。デビュー当時から実力はあったものの、今のようなお茶の間受けするような「人気者」ではありませんでした。
つまり、僕たちと同じように、彼らもスタートは同じだったということです。
注目する点は、そこで彼らは何で人気を徐々に得るようになったのかです。

・バナナマンのケース

バナナマンの武器は長尺のコントでした。今のバナナマンのイメージからは想像できないかもしれませんが、シュールかつ作りこまれた世界観で話がとても面白いコントが多いです。
余談ですが、ベストなコントはバナナマンの「ルスデン」です。
一本の映画を観ていたかのようなコントでした。
実力はあるものの、その長尺という特徴から、ショートコント全盛のテレビメディアからは、敬遠され続けます。

ですが、バナナマンはめげずに、毎年コントライブを開く場を持ち続けます。
その結果、ライブの面白さが噂を呼び、バナナマンの知名度は上がることとなります。そして、メディア露出が増えていく結果に繋がります。

・千鳥のケース

千鳥もバナナマン同様、漫才の実力はありました。ただ、それで一気にブレイクには至りませんでした。
千鳥は関西ローカルのロケで長年ロケをし続け、他の芸人にはない「ロケ芸」を確立させていきます。

そして、その中でノブの
「クセがすごい!」
このフレーズで一気に人気者の導火線に火をつけることとなります。

「人気者」になった二組の共通点

このように上記二組を分析して分かることは、すぐに「人気者」にはなれないということです。

1.まず、下地となる土台をしっかりと作る
2.その上で、自らの長所を磨きあげる

2組の共通点はそこにあると思います。

どのブロガーも最初は1.の段階であり、土台づくりが不可欠です。ここで焦ることは時期尚早であります。

「人気者」になるのに必ず必要な下地 

前回も述べた通り、ライターにも下地となる土台作りが不可欠です。
そこで行うことは、文のスタイルと個性を出していく事にあります。
簡単に個性などは出るものではなく、「ワイン」のように時間をかけて
熟成していくものであります。そこで、大事になってくるのは「継続」することです。
いかに「熟成」の時間を長く続けられるかが、個性を磨く最も大事なポイントになります。非常にシンプルですが、「継続力」が「人気者」に近づくもっとも大事な要素です。

ブロガーの力を強めてこその「集客力」

その上で、「バズる」記事を狙って書いていくという作業はあらかじめ必要なことです。

あらかじめ、下地を作って他の記事から導線をひいておき、バズる記事を狙って投稿する。

この作業を繰り返すことによって、雪だるまのように徐々にそのバズは大きくなっていきます。

そして最も肝心なことはバズった後の記事です。

いかにその人気をブログに定着させるかの肝になる記事になります。ここで手を抜いてはいけません。

記事を書くことは短距離走ではなく持久走

どうしても、1日の「PV」の数に注目してしまいがちですが、記事を書くことは短距離走ではありません。
1つの記事がいくら人気を集めても、他の記事がおざなりだと決して意味がないということです。
着実に毎日記事をあげ続け、「PV」を積み重ねていく事が記事づくりにおいて、インフルエンサーになるために、もっとも大事な事だといえます。

継続が習慣に変わった時に考えることが記事の「戦略」であって、最初からゴリゴリに方向性を固める必要はないと思います。

この積み重ねが他者との差別化に繋がる

そして記事の積み重ねこそが、「信頼」を積み重ねていく事となっていきます。この積み重ねが多ければ多いほど、他者との差別化に繋がります。
その結果、ほとんど同じ内容の記事で重複したとしても、より評価を得られるようになる事が出来ます。

何より、この記事の積み重ねが「参入障壁」を生み出します。
「ああ、こんなに記事を書かかないと、人気者になれないのか」
そう周りに思わせられて、ようやく「インフルエンサー」に近づいたと言えます。

結論として、ブログで人気を得るためには毎日記事を書くことに尽きると考えます。

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA