ビットコイン(BTC)の成り立ちを調べてみた

Sponsord Link




 

ビットコインの成り立ち

さて仮想通貨取引に精を出し始めたとけいですが、「そもそもなんで仮想通貨って出来たの?」という

根本的な疑問にぶつかってしまいました。

そこで、仮想通貨の成り立ちを調べることにしました。

 

◆サトシ・ナカモト

 

基軸通貨と呼ばれるビットコインの論文を発表したのは、日本人のナカモト・サトシだとされています。  

ナカモト・サトシが表舞台に出てきたことはありません。
実際にナカモト・サトシが存在しているのかに関しましては、皆さんのご想像にお任せします。

 

 

◆論文の概要

 

 

1.電子通貨システムを使用する目的

電子通貨システム(ビットコインが代表的)を使用することで銀行を利用することなく、取引を行うことが出来ます。

 

銀行を利用する際には、どうしても仲介による手数料が発生してしまいます。
 

また、国内だけでなく海外に送金するときも手数料が発生します。

 

時には、利用者間のいざこざが発生してしまうケースもあるでしょう。
その全てのコストを電子通貨システムを採用することで、無くすことが出来るという旨がこの仮想通貨が出来た大枠の考えです。

 

 

 

2.ブロックチェーンの活用

電子通貨システムのやりとり方法を可能にするのが、ブロックチェーン技術の活用です。

 
一定期間の取引データと前ブロックのハッシュ値・ナンス値に電子署名をします。
(これが一つのブロックを構成するイメージ)
 

電子署名の後、コインを載せてデータを送り取引が行われます。そして、上記の取引履歴(台帳・ブロック)を鎖で繋げていきます。
(チェーンのイメージ)

 

◆なぜ、取引履歴を繋げる必要(ブロックチェーン)があるのか??
それは、ハッシュ値を用いて、取引改ざんや二重使用の不正を予防するためです。

ハッシュ値の説明は難しいので、割愛しますが、このハッシュ値によってセキュリティーは盤石なものとなります。 

またこのブロックチェーン技術による電子台帳は誰もが取引履歴を閲覧可能であり、相互監視を行うことが出来ます。
そのため、利用者が監視者にもなり得ることが出来ます。

 

このブロックチェーン技術により、仮想通貨は機能していきます。

 

3.マイニング(ネットワーク参加者への報酬)

 

ハッシュ値だけでなく、第三者が仮想通貨内のネットワークに参加してブロック(取引記録)を生成したものに対して、取引手数料のコインの報酬を与えることとなっています。

 

このブロックを生成する行為をマイニングと呼称されています。

 

 

マイニングによるメリット

・マイニングを行う事でデータ処理の速度向上を可能にし、取引が早くなる点

→マイニング報酬は一番早く処理した者にのみコインが付与されるため、競争原理が生まれます。

・コインを付与することで、日本銀行の紙幣の発行のような役割を持つ点

→市場範囲が拡大させる事が理由で、通貨が流通せずに廃る可能性を防ぎます。

 

 

この論文に基づいた理論で、仮想通貨のオリジナルコインであるBitCoin(ビットコイン)が誕生することになります。
 

下にナカモトサトシの論文を貼っておきますので、是非参考にしてください。
 

ビットコインを買ってみよう
ビットコインを購入するならビットフライヤーで

              
bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

次回もお楽しみに!!

 

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA