ビットコインの隠された弱点とは?

Sponsord Link




今回はビットコインの隠された弱点とは?を記事にしたいと思います。
 

 

ビットコイン(BTC)の理想

 

・非中央集権であること
 

サトシ・ナカモトの論文の通り、このBTCには発行・流通ともに銀行を必要としません。企業・国にも関与していません。
 

そこが魅力の一つでもあります。

 

この非中央集権という理想のもと生まれたビットコインは、今まであった法定通貨の概念を打ち破っている事が特徴です。

 

ただし、現実的にはそう上手くいっていないのが現状です。

 

 

BTCの偏在性

 

期にBTCを大量に所有している人たちが、世界には存在しています。  

Facebook訴訟問題で有名なウィンクルヴォス兄弟などが代表的な人物です。  

 

彼らの意見はTwitter一言で値段が左右されることもあり、投機的になってる現段階では注目される存在です。

 

 

 

 

BTCを取り巻く影響力が強い人物の存在

 

・有力マイナーの存在

マイニングを精力的に行っている人をマイナーと呼びます。

ここで少しビットコイン(BTC)の認証方式について補足をしたいと思います。

BTCの認証はPow(Proof of work)と呼ばれる方式が取られています。

 

この方法は決済の検証を確認する際、仮想通貨のネットワークにコンピューターの計算能力を用いて多数決で判定する方法です。
そのため、単純にコンピューターの性能が高い方がより精密になる仕組みです。

 

この検証方法は、たくさんの性能の良いコンピューターを一斉稼働します。
そのため大量の電力を消費するため、日本国内で行うことは不利とされています。熱を冷ます冷却水も必須となります。

 

結果として、このマイニングは日本では不利とされており、勢いがある国は中国となっています。

 

この流れの中で、ジハン・ウー氏などが台頭してきました。

 

このように、非中央集権と言っても影響力を持つ人物が価格の変動を握っているということは否めません。  

この事は由々しき事態で、顕著な偏在性が非中央集権から中央集権の方向に導いてしまっています。

 

ボラティリティの高さが、仮想通貨に対しての目的を投機の方向へと促進しました。何事も始まった未来への価値に対して投資するという人が、多数現れることは自明なことであります。(信頼性が高ければですが、)  

そのような事もあり、現段階でのボラティリティ激しさも何年か経つと、落ち着くかもしれません。

 

ただ今の段階では仮想通貨取引は投機が主流になっているので、理想的な使い方がされるのはまだまだ先だという見方が大半になっています。

次回もお楽しみに!!

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA