仮想通貨な世界 第三話

3.評価経済と個人トークン

「もう一度、プリントを見ようか。
ここからはトークン選択の話だ。
簡単に言えば、みんなの評価が価値になるんだよ」
先生は何かを確かめて頷きながら、目を細めた。

「どういうこと?学校の成績がトークンになるのか?」

「ご名答。涼太、今日は頭が冴えてるじゃないか。
みんなが学生のうちはトークン選択の一つは絶対に学力になる。
みんな高校1年生の時から学力テストを受けているな?
あれは、全国で統一されているテストだ。
そこから順位に応じた成績が、トークンの価値になるというわけだ」

人生終わったと思った。
勉強は全然得意じゃない。
俺のトークンの価値低いじゃねーか。

その時、
隣の席に座っている背の高い和也がチラリと視界に入った。

そうだ。
「勉強以外で活躍してるやつは評価されねーの?」
先生は目を真ん丸にして、
「どーした、涼太。
今日は鋭すぎるぞ。今日だけか?
さっき名前の後ろに1、2、3と数字が刻まれているトークンの質問があったな。学生の間、1のトークンは学力に決定される。だが、それ以外の2・3のトークンに関しては、君たちが世間で評価されるであろう分野を好きに選んでいい。」
先生はふーと、一息つく。
「ただし、一度決めた分野は5年間変更は出来ない。」
目を細めていた先生が、パッと目を見開いたのが印象的だった。

そして、また悠長に語りだす。

「数字が少ない順番に影響力が大きい。
国家の機密事項だから、計算方式はわからないが、1・2・3の順番に君たちのトークン評価に対して影響力が大きいということだ。
そしてその3つの影響力をひとまとめにしたものが、君たちそのもののトークンになる。つまり、学生である以上、一番君たちのトークンに影響を持つのは学力だ」
ここまで、話しきったところで
先生はゆっくりと
机に手をかけよりかかる態勢を取りながら、教室中を見回した。

「先生の時は、こんな仕組みではなかったんだ。
会社に出れば、お給料として日本円を貰っていた。君たちは違う。
18歳になった時点で、国から各自の名前のトークンをもらう。
そして、その評価は毎月変動していく。
つまり君たちは努力することで、トークンの価値をしっかりと育てていかなければならない。」

外では風が、桜の花びらたちを再び舞い上げる。

「先生には、どちらがいいシステムなのかはよく分からない。

ただ、トークンの価値を上げることは努力次第でいくらでも可能だ。
評価される何かを見つけることがこれからの君たちを大きくする!」

先生は力が入っていたのだろう、額から汗が流れていた。

そこまで熱弁することか…??
とても疑問に残った。

大事な授業か当時の俺にはよく分からなかった。
だけどなんかそれなりには、ちゃんと考えて決めようとは思わせてくれた。

今思えば、とても感謝している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA