DAppsとは

Sponsord Link




さて、今回はDAppsについてお話していきたいと思います。

 

DApps とは

 

Decentralized Applicationsの略であり、非中央集権・分散型のアプリケーションのことです。

また、「標準化されたアルゴリズムに従って独自のコイン(トークン)を発行するオープンソースのアプリやサービス」だという特徴を持ちます。

 

 

DAppsの条件

 

Dappsはいくつかの条件を満たしている必要があります。

まず、アプリケーションがオープンソースであることが挙げられます。

その上で、オペレーションは自動であり、中央のコントロール主体を持たないことが条件です。そして暗号化されて分散化されたブロックチェーンを利用している事も条件の一つです。

まさに、ビットコインが代表的なDAppsであり、仮想通貨であってもブロックチェーンに基づいていない通貨(リップル)などの中央コンセンサスはDAppsとは言えません。

 

次に、アプリケーションは、流通可能な暗号トークンを持っている事が条件です。アプリケーションの利用に関してはトークンを利用し、参加者にはそのトークンによって報酬が支払われることが前提です。

そのため、トークンやコインに経済圏が成り立っていることが非常に重要になります。

 

最後に、アプリケーションはマーケットやユーザーからの改善要求にしっかりと応えていくことが条件です。

中央主体で決めていくのではなく、ユーザーの認証で仕様の変更が行われていくことを指します。オープンソースのプロジェクトの多くはこのカタチが採用されています。この条件は必要不可欠になっていきます。

 

 

ビットコインとDApps

 

ビットコインがDAppsのアプリケーションだと想像がつきにくいかもしれません。ビットコインのようなアプリケーションは、既存の会社のようなサービス提供ではないため、不思議な感覚があると思います。

あるジャンルのコミュニティーの集合体がビットコインであり、かつDAppsであります。インターネットの空間で誰に制御されることもなく、存在しているイメージです。

現在はマイノリティーであるビットコインのようなDAppsも、将来は全てのサービスがDAppsに移行していくと考えられています。

DAppsに積極的に参加する事で、ユーザー参加型のこれまでの一方通行のようなシステムは、消失していきます。

そして、中央集権のない新しい経済圏が誕生してくことになります。まだ、誰も見たことが無い世界であり、個人的にとても早く見てみたいものです。

 

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA