分散型取引所(DEX)とは


さて、今回は分散型取引所(DEX)とはについてお話していきます。

 

分散型取引所(DEX)とは

 

中央集権型取引所の問題点を解決するのが分散型取引所(DEX)です。

分散型取引所(DEX)では取引を管理する運営主体が存在せず、個人対個人(P2P)で取引が行われます。

P2Pネットワークに関しては、以下の記事をご参照ください。

P2Pとブロックチェーン

2018.03.18

 

分散型取引所では、保有する仮想通貨の秘密鍵は完全に自分の管理下に置くことができるため、取引においてハッキングされる心配はありません。

また、個人情報を中央管理者に送る必要がないため、完全に匿名で取引することができます。

分散型取引所(DEX)を利用可能にするポイントはイーサリアムなどのブロックチェーンプラットフォームを使用することです。

中央管理者を信用する必要がなく、トラストレスの状態で取引を行えます。

 

 

中央集権型取引所と分散型取引所の違い

 

中央集権型取引所は、必ず取引を管理する運営主体が存在します。

大手仮想通貨取引所のCoincheck(コインチェック)やbitFlyer(ビットフライヤー)などは、どれも中央集権型取引所です。

コインチェックにはコインチェック株式会社、ビットフライヤーには株式会社bitFlyerという管理会社が存在しています。

ほとんどの仮想通貨取引では、中央集権型取引所が採用されています。

 

中央集権取引所と分散型取引所(DEX)の大きな違いは、分散型取引所(DEX)の流動性の低さや高い手数料が挙げられます。

ですが、今後の分散型取引所(DEX)の開発と普及が進むことで解決されると考えられます。

 

中央集権型取引所には、大きな問題点として、ハッキングリスクがあります。

取引所は利用者から秘密鍵を預かることで、利用者にウォレット(口座)を提供します。

もし仮に取引所がハッキングされてしまうと、取引所に保管されている秘密鍵が流出してしまいます。

その結果、預けていた仮想通貨が盗まれる恐れがあります。

実際に、ハッキングされて利用者の財産が盗まれた取引所は何件もあります。

 

 

 

分散型取引所への注目

 

大手取引所のバイナンス(Binance)が新たにDEXを設立しようとしています。

仮想通貨の流出で認知が広がった中央集権型取引所の持つセキュリティーリスクから、分散型取引所(DEX)へ変更する事によって、資産をより保護できるシステムにしようとしています。

DEXは中央集権型取引所で起こりうるような、管理者がハッキングされたり倒産したりといった理由で、資産を失うリスクが全くなく非常に魅力的です。

 

そのため、バイナンスは賞金を出すことによって、世界の有能なブロックチェーンプログラマーを競い合わせて開発を進めようとしています。

ユーザー数が約600万人以上を誇るバイナンス取引所であれば、DEXの問題点の一つである流動性の低さをカバーできると考えられます。

また、交換するトークンにもよりますがほとんどのDEXでの取引は、オフチェーン上でブロックチェーン上に履歴を記述しながらのやり取りとなるため、ブロックチェーンの持つ堅牢性が保持したままの取引が可能になります。

 

今後、どのように開発されていくかが非常に注目です。

 

 

次回もお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA