イーサリアム(ETH)とは?

さて、今回はイーサリアム(ETH)に関して、お話していきたいと思います。
 

 

 

イーサリアム(ETH)

作成者

イーサリアムの作成者は天才ハッカーであったヴィタリック・ブテリン氏(当時19歳)です。

 

このイーサリアムは資産管理のプラットフォームを目指して作られました。
 

もちろんイーサリアムにも、ブロックチェーンの技術が導入されています。

 

イーサリアム、通貨単位はETHです。

現在時価総額順位はビットコインに次ぐ2位となっています。

補足ですが、このイーサリアムはハードフォークによる分岐から、イーサリアムクラシック(ETC)を誕生させています。

 

ビットコインからのビットコインキャッシュと同じ関係ですね。

 

 

スマートコントラクトを知る
 

イーサリアムとビットコインを含めたほかのコインとの最大の違いは、スマートコントラクトになります。

 

スマートコントラクトとは、直訳すると「賢い取引」です。
 

では普通の取引とどう違うのでしょうか?
 

基本的に取引を行う場合何が必要か考えてみましょう。
 

まず、氏名・署名(サイン)・押印・保証人などたくさんの時間と人が必要になってきます。
 

特に、金額が大きいほど、第三者を立てなければなりません。
 

いわゆる保証人が必要となります。

 

スマートコントラクトの特徴

 

一方で、スマートコントラクトにはこの第三者を必要としません。

なぜならこのイーサリアムに搭載されているスマートコントラクトは、ブロックチェーン上に直接、契約内容を書き込むことが出来るからです。  

この機能により、通貨の送金と契約書を同時に完結して、取引することが出来ます。  
POINT
また、ブロックチェーンを介しているため、不正や改ざんは理論上不可能になります。
 
スマートコントラクトの技術は、人間が関与する事なく、契約を完結出来ます。
 
そのため、取引中の契約不正はもちろん、取引成立後の改ざんも不可能になります。
 
このようにして、今まで多大な時間をかけていた取引も即時に不正なく完遂することが出来るという訳です。

ブロックチェーンとは何かに関しては下の記事をご参考にしてください。

ブロックチェーンの2つの型

 

 

スマートコントラクトにより仲介者なしで直接取引が可能

このスマートコントラクト技術を用いれば、仲介者の存在を全く必要とせずに契約を行うことが出来ます。
 

そのため、どのような内容の契約であっても利用者間で直接取引が可能になります。

 
この技術は「非中央集権」のサービスを実現可能にする可能性を大きく秘めています。

イーサリアムには無限の可能性があるのです。

 

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA