イーサリアムの無限の可能性(4段階のアップデート)

Sponsord Link




さて今回はイーサリアムの無限の可能性(4段階のアップデート)に関して話していきたいと思います。

 

イーサリアムは初期段階から4段階のアップデートを前提としていました。
 

この4段階のアップデートを知ることにより、何が改良されるのかやいつ行われるのかを知ることが出来ます。

それは今後の投資活動に良い結果を与えると思います。

 

 

 

第1段階 フロンティア(Frontier)

 

この段階は、2015年7月の一般公開の時点でのバージョンとなります。

まだ第一段階ということもあり、「テスト版プラットフォーム」の側面が強くありました。実際に、「バグ」などの問題が発見されれば開発チームによってブロックチェーンの巻き戻しなどの対処が行われました。

この第一段階では、まだテスト版という形での実験段階でしたが、スマートコントラクトという画期的な機能は大いに注目されました。

 

 

スマートコントラクトの説明に関しては、下記の記事をご覧ください。

 

イーサリアム(ETH)とは?

 

 

第2段階 ホームステッド(Homestead)

 

先ほどの第一段階の「フロンティア」で発生したバグを修繕して改良された安定板がこのホームステッドになります。
 
この段階で、イーサリアムの取引手数料の引き上げや採掘難易度の変更なども行われました。

ホームステッドへのアップデートにより、より安定的なプラットフォームが開発されていきました。

  この段階において、一般企業の「イーサリアム」実用案件が増えていきました。   アプリケーション開発も可能になり、取引市場でのイーサリアムの価値は次第に上がっていくことになります。  

 

 

 

第3段階 メトロポリス(Metropolis)

 

第3段階メトロポリスでは2回のハードフォークに分けて、データアップデートが行われました。

 

ハードフォーク1 ビザンチウム

 

第一段階にあたるビザンチウムが2017年10月16日に行われました。
 
このハードフォークでプライバシーの強化が行われました。
  具体的には、秘密鍵を使用したウォレットアドレスをユーザー自身が決めれるようにら変更されました。

 
他にはより簡単にした「スマートコントラクト」に仕様変更することにより、普及がさらに進むようにしました。
 

また、このハードフォークで最終段階 セレニティで行われる予定の認証方式の変更(PoW→PoS)の準備が行われました。

 

 

 

 

ハードフォーク2 コンスタンティノープル

 

この段階は2018年に実装予定になります。この段階で何を行うかに関してはビザンチウムの稼働の具合を見て決まる予定になっています。

 

 

 

 

 

第4段階 セレニティ(Serenity)

 

この最終段階では、認証方式がPow(プルーフオブワーク)→PoS(プルーフオブステークス)に変更される予定になっています。  

認証方式に関しては以下の記事をぜひ参考にしてください。

仮想通貨の認証方式について

 

 

この最終段階で、イーサリアムの価格は暴騰すると予測している投資家も多いです。
  ただ、認証方式が変更になるので、マイナーが既存の機械を使えなくなる点が懸念材料として残ります。  
そのため、既存のマイナーの中には反対の声が多くあるのも事実です。

 

いずれにしても、最後のアップデートは山場であることには間違いなく、イーサリアムの市場価格が乱高下されることも想定されます。注意が必要になります。

 

イーサリアムを買いたいという方はZaif・ビットフライヤーからどうぞ。

下記にリンクを貼っておきます。
 

(Zaif)

 

(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

次回もお楽しみに!

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA