イーサリアムと企業の連携

 

さて、今回はイーサリアムと企業の連携についてお話していこうと思います。

 

 

イーサリアム企業連合

 

2017年、2月非常に興味深い連合が設立されました。その名も「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」。その名の通り、イーサリアムのスマートコントラクト技術をビジネスで実用していくために設立された連合です。
 

仮想通貨は、国境に境目がなく画期的なものと評されています。そのため、この連合にも錚々たる面子がそろっています。

 

 

 

海外

  • JPモルガン
  • マイクロソフトなど

 

日本

  • トヨタ自動車
  • 三菱東京UFJ銀行
  • KDDIなど
 

 

◆日本企業とイーサリアムの実用実験

 

 

イーサリアム×トヨタ自動車

 

トヨタ自動車は TOYOTA Research  Institute(子会社)を設立しました。ブロックチェーン技術の研究を行うことで、自動運転システムをより高度なものにする狙いがあります  

このイーサリアムを使用することによって、自動車に関連する技術の更なる発展が見込めます。

ちなみにこのTOYOTA Research  InstituteはEEAの日本企業グループでの初期メンバーでもあります。

 

 

 

イーサリアム×KDDI

 

KDDIがイーサリアムを活用したスマートコントラクトの実験を開始しました。AIやloTとブロックチェーンを組み合わせたさまざまな実証実験を行っています。

その中でも、KDDI・KDDI総合研究所:クーガー株式会社は共同で携帯電話の修理に関するブロックチェーン技術の開発に力をいれています。 この技術は店頭修理申し込みから全行程における情報共有やオペレーションをブロックチェーンを活用して効率化を図るというものです。

 

 

参考にご覧ください。

 

 

イーサリアム×三菱東京UFJ銀行(MUFJ)

 

三菱東京UFJ銀行は独自ブロックチェーンの開発を行っています。その上で、「MUFJコイン」の開発に取り組んでいます。
三菱東京UFJ銀行はEEA日本企業初メンバーの1社である程、ブロックチェーンの将来性に期待をしています。

この技術から現在の決済システムをより効率化を図ることを狙いとしています。

 

補足として、みずほ銀行も「J-Coin」という独自の仮想通貨開発に着手しています。今後に期待しましょう!!

 

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA