Sponsord Link




ガバメントとブロックチェーン

さて、今回はガバメントとブロックチェーンについてです。

 

ガバメントとブロックチェーン

 

政策において、まず基本的に考えることは政府(ガバメント)とその規制(ルール)です。そこからあらゆる問題解決法の重要性(ガバナンス)を探っていきます。

ガバメントには、限界があると常々言われています。「そこを広くカバーして、新たな選択肢を示していけるのがガバナンスだ」という期待があります。

このガバナンスにブロックチェーンを含めても、より成り立つと考えた場合、従来には無かった考察が出来ると思いました。そのため、今回はこのようなテーマで記事を書くことに致しました。

 

 

ガバメントの理論

 

ガバメントの理論から説明すると、その政策主体は政府であり、社会の資源を政府に集中させることにあります。

そして、主に「規制」という手段により問題を解決していきます。しかし、ガバメントには大きな問題点が浮上します。

それは、国際貿易問題などといった国境を越えたグローバルな課題に、柔軟な対応がしにくいという点です。

また、慢性的な赤字構造から政府の提供可能なサービスと国民ニーズとの間にギャップが発生していることも大きな問題になっています。

そして、政策の主体が実態から分離し始めたことで、当事者の喪失を招きつつあります。

 

このような点からガバメントには限界が見え始めています。

 

 

 

ガバナンスの登場

 

ガバナンスとは、ガバメントではない問題解決方法の重要性の事を指します。

ガバナンスなネットワークの論理を主軸として、様々な主体が資源を持ち寄る関係・国家という場に、限定されない公共空間を形成していくことが期待されます。

官の領域、民間の領域、研究者の領域などの様々な主体から形成された新しい公共な空間という訳です。

その有効な選択肢が「政策ネットワーク」であります。政策ネットワークとは、ある政策領域においてアクターが、官民の枠を越えて自主的に資源を持ち寄り、問題を解決していく関係性と定義します。

 

 

 

ガバメントとガバナンスの関係

 

ガバメントだけで、問題解決をしていく事が不十分であったとしても、政府には活用可能な資源があります。

一例として、権限や資金・組織などがあります。

ガバメントの権限は政策過程途中において、私利私欲な意見の抑止力として期待を見込めます。

そしてガバナンスの考えからの政策ネットワークを形成することで、双方のメリットが生じて、相互作用レベルの対応や資源の拡大及びネットワーク構造全体の変更を見込めます。

 

 

ガバナンスとブロックチェーン

 

このガバナンスにおける「政策ネットワーク」は、誰もが参加出来るネットワークであり、意見の平等性を期待できる場ではないといけません。

そこでブロックチェーン技術を導入することによって、よりフラットなコントラクト(契約)が、政策の一つとして組み込むことが出来ると考えます。

 

また、ガバメントの問題点であるグローバルの壁は、ブロックチェーンによって消失されます。

より柔軟性がある政策解決手法にブロックチェーン技術は、一助を加えてくれると推察します。

 

 

 

次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA