Sponsord Link




創出と継続の関係性を考える

さて、今回は創出と継続の関係性を考えたいと思います。

 

芸術家の創出

 

どのような事でも、アイデアを創出するのに、時間を要します。そして、この作業を続けることは非常に大変なものです。

当然、芸術家のどのジャンルにおいても、何かアイデアを創出していくことは絶対条件であり、避けて通れない道です。

身近なところからいくとブロガーやユーチューバーもそうですし、作家や作曲家なども日夜、何かを創出しようと考えています。

 

そこで、大事になってくるのは継続です。

この創出と継続は、何かを生み出す作業において重要な二大要素であり、非常に密接な関係を持ちます。

 

 

創出と継続

 

創出はアイデアを生み出す時に、必要とされる力です。
 

何もない状態(0)からアイデア(1)を誕生させます。
一方で、継続性はこのアイデア(1)を維持させたり(1)、発展させたり(2以上)します。

この事のどちらを疎かにしても、芸術家としての価値が損なわれることがわかります。

 

創出はある種ひらめきな様なものに感じるかもしれませんが、それはある分野において、必死に考えて閃いた継続性のもとに成り立っているのです。

そのため、同じジャンルをし続けていかないと、新しいアイデア(創出)は降りてこなくなってきます。

 

 

 

継続すると起こる創出の難しさ

 

先ほどの章を読んで、別に継続していなくても創出は可能だと考えた人はいると思います。

最初のうちはそのことは確かに可能です。なぜなら人生の中での経験(継続)がストックされているので、そのストックからアイデアを創出させていけるからです。

問題になってくるのは、創出を継続させた場合です。

 

例えば、小説家になったとイメージしてみてください。 1作書けと言われれば、今までの経験から書くことが出来そうと思う人が多いと思います。 これが10作書けと言われればどうでしょう? 間違いなく、10作目は1作目よりも時間を要すると思います。 そして、時間をかけて出来上がった10作目は、1作目より面白いかと言われれば、それはまったくの別のお話になります。  

 

継続と創出の密接な関係

 

この事から創出は継続のもとで成り立っている図式が分かったと思います。

その上で、この事を繰り返していくと難易度が上がってきます。

アイデアのストックが切れると、途端に創出の継続が危うくなるからです。

 

芸術家は、私たちにさまざまな娯楽をもたらしてくれますが、それは芸術家の努力の結晶でもあるのです。

 

 

評価指標とは

 

評価指標とはあなたの評価が目に見えるように数値化したものです。

 

一番わかりやすいのが、学生時代の偏差値です。

みんなが同じテストを受けることによって、評価の基準が一定化されます。その上で数値化することによって、明確に相手より学力が上である事や全国でどのくらいの位置の学力かがすぐにわかることが出来ます。

数値化することで、理論的にその物事に対して観察しやすくなり、評価をする際においても役立ちます。

 

 

 

インターネット×評価指標

 

では、インターネット上ではどう評価されていくでしょうか。

少し前までは、インターネットに評価という概念が存在せず、混沌とした状況になっていました。

 

ですが今は、ソーシャルメディアの台頭(TwitterやFacebook)などによって評価指標が示されるようになりました。

ソーシャルメディアでは、いいね!の数やそのアカウントのフォロー数で評価指標を観察することが出来ます。

 

ただ、この方法は先ほど述べた偏差値のように完全に公平ではありません。

まず、分野が多岐に渡ることによって、評価のされ方も統一されないでいることが理由の一つです。

 

例えば、野球とラクロスを例にして考えます。

同じくらいの質の情報を発信した時、より競技人口の多い野球が、評価を多くもらえる可能性が高くなります。

このように、ソーシャルメディアの評価指標が完全に公平かと言われると疑問が残ります。

 

 

ソーシャルメディアと芸能人

 

評価指標にもっとも公平性が低い組み合わせが、ソーシャルメディアと芸能人です。

テレビなどで活躍している芸能人が、SNSで情報発信をした場合、その情報がどのようなものであろうと多大な影響力を与えます。

これは、フォロワーの数の多さが評価に直結しているからです。

このことからわかるように、今のソーシャルメディアの評価指標は情報本質ではなく人気者であれば、評価が得られやすい仕組みになっています。

 

仮想通貨と評価指標

 

そして、仮想通貨の登場により「お金」も選ぶ時代になりつつあります。

今までは国が発行した通貨のみを使用していましたが、これからは仮想通貨のようにたくさんの通貨から好きなモノを選択する時代です。

お金にも国境がなくなることを意味し、世界基準での評価指標で判断することが可能になるわけです。

 

仮想通貨の評価は、その通貨のレートそのものです。

人気や技術が高い通貨であれば、需要が増していき、自然と評価指標(価格)が上がっていきます。

当然、逆の可能性もあります。

 

このように、これからはあらゆるモノが評価されていきます。

技術の向上により評価を判断する評価指標もより精度が高くなっていき、いずれはどのジャンルにおいても、評価指標の公平性が真っ当である時代が到来すると考えます。

 

 

公平な評価指標の土台

 

インターネット上で公平な評価指標をするにはどのようにすれば良いか考えていきます。

まず、スタート地点の再確認です。インターネット上でSNSなどを利用し始めた時にすでにたくさんの評価を集めることが出来る人がいます。

それは各分野で有名な著名人やメディア露出の多い芸能人、またスポーツ選手です。

人気を集めていることが悪いわけではありません。各分野で努力し、成功を納めて人気になっていった。

その過程を歩んでいるだけでも、高評価を得て当然だと思います。

 

ですが、情報発信によるコメントや記事はまた別のベクトルの評価指標が必要だと考えます。

 

 

 

情報発信と評価指標

 

たとえ有名人であっても、情報発信の質が高いとは限りません。また場合によっては誤った情報を流している可能性があります。

 

ですので、情報発信という意味においては、全く新しい評価指標が必要だと考えます。

極論かもしれませんが、あえて全員を匿名化やコードネーム化して情報発信をしてみて、純粋な情報のみを切り取って評価をしていく形があっても面白いと思います。

どうしても、有名な人に評価が集まることを匿名にすることによって、取り除くのです。

 

 

 

クラウドファンディングの有用性

 

その意味において、クラウドファンディングは非常に画期的です。

本当に魅力的なアイデアならどのような人でもお金が集まってきます。

このお金が集まる事は、すなわち評価を集めたということになります。

評価指標を見る上で、これほど分かりやすい仕組みはないと思います。

 

雪だるま式の評価

 

公平な評価指標を目指すには、全員の評価におけるスタート地点を同じにしておく必要があります。

そこで、匿名化の例を挙げさせていただきました。

 

そこから、雪だるま式に評価を積み上げていきます。本当に良質な情報を発信し続けている人は、必ずいつかその分野で頭角を現してきます。

これは、情報発信という事にとらわれなくとも、自然の摂理でそうなってきます。

 

この雪だるま式の評価の考え方は、有名人などが有利であることは、一目瞭然だと思います。

すでに雪だるまが大きい状態から情報発信をスタートできるからです。それに比べて、普通の人はあまりに小さいです。本当に良い情報もなかなか届かない。

 

そのため、情報発信というカテゴリー内で評価の再構築を考えることで、より評価の公平化に繋がると考えます。

 

取捨選択の時代

 

インターネットが当たり前になった今、日常に情報が溢れています。

その情報は、有益なモノもあれば、当然身のためにならない粗悪な情報も混ざっています。

どの情報が正しいか見極めることが重要であり、今後AIが導入されるようになっても、この見極める力が必要な事には変わりありません。

 

むしろより自由な選択肢が増えることで、ますます取捨選択の機会が増えていきます。

そこで、今回「捨てる」大切さをお話していこうと思います。

 

 

弱みを補う事を捨てる

 

個性が問われていく現代、弱みを補うことは捨てるべきです。

これから、ますますロボットが生活に浸透していき、弱点を補完するように共存していくと考えられます。

そのため、「個性」である長所に時間をかけていくべきです。

日本人は特に弱点を補って、バランス型になることを好みます。

それは、これまでの日本教育と日本人の性格が合わさっていることであり、仕方のないことかもしれません。

しかし、これからは強みを生かすことが大事な時代に突入してきます。

「自ら好きな事で生きていく」ためにも弱みを補う事を捨てましょう。

 

 

継続している事を捨てる

 

タイトルだけを読むと非常に悪いことに思うかもしれません。

しかし、時間の確保のためには、時に継続している事を捨てることは、非常に重要なことです。

前提としては「継続している事がありすぎて困っている人」です。

別に今の段階で時間をたっぷり取れる人は、継続している事を捨てる必要は全くありません。

この事は強く言っておきます。

 

 

なぜ捨てる必要があるのか?

それは、自分をアップデートしていくためです。

時代が急速に変化を遂げている今、私たちも変化をしていく必要があります。

最も大事な軸を残して、アップデートするために、不要な部分を「捨てる」のです。

そうすることによって、自分の内面の新陳代謝を良くしていきます。

 

 

時には欲望を捨てる

 

新しく始めたい趣味や資格などがたくさんあった場合、それを全てするのではなく、時にはしないという選択の必要性があります。

人間、新しいことを始める習慣がつくようになると新しいことをする事より、その選択を捨てる事の決断の方が困難になってきます。

何でも吸収しようとする姿勢は非常によいことですが、一つにかけられる時間が少なくなってしまい、濃度が薄くなってしまいます。

時には、新しく何かをしたい欲求までも捨てて、時間を確保することが必要となってくるのです。

 

 

 

さて、今回は創出と期待度に関してお話したいと思います

 

創出と期待度

 

作品を生み出す時、人はアイデアの創出を行います。そして、いろいろな苦労の末、一つの作品が世の中に誕生します。

一つの作品が世に出た瞬間、その作品は人の目に晒されることとなり、評価が決定されていきます。

 

これは作品の宿命であり、芸術家はその事を常に意識しておかなければなりません。

また、芸術家でなくとも一つの作品を創出して世に出すとはそういうことだという認識が必要です。

 

 

創出から生まれる期待度

 

一つ作品を世に創出することで、その芸術家に対する期待度が発生します。

それは、客からの期待の裏付けでもありますが、プレッシャーにもなります。

 

このことを考えると、闇雲に作品を創出して、評価を得ている作家は「天才」と称されることが分かります。

なぜなら、この考察から1作目がものすごく秀逸な作品を創出できたと考えて下さい。

すると、客のみならずメディアが手放しで絶賛すると考えられます。

その状態からの2作目への期待度は凄まじいものがあり、これを苦労なしで軽々とハードルを越えていける作家は「天才」と言わざる得ません。

 

 

創出とパターン化

 

この作品の創出を繰り返すと、慣れからパターン化が起こってきます。これは、ビジネスにおいてはとても大事な事であり、技術向上に繋がります。

ただ作品を生み出す過程においては、むしろ悪い方向に向かっています。

 

なぜなら、作品のパターン化をしてしまうと、似たような思考の創出を繰り返すからです。

そして、自ら過去の作品と競合をさせてしまい、互いの作品の評価をつぶし合う結果を招いてしまいます。

結果として、作品のファンはあなたのもとから離れていってしまいます。

 

 

 

期待度の考察

 

この事を踏まえると、期待度をあらかじめ考慮した上で、作品の発表をすることが理想です。

もし自分の納得が出来る創出が出来た場合、この作品をすぐに世に出すのではなく「寝かす」という選択肢を取るのです。

自らの作品の創出と世の評価には、絶対に流れというものが存在します。

この時期を見計らって、作品を出していくことは非常に重要であり、期待度があまりに上がると感じた場合は、他の作品で様子を見ることが最善策と考えられます。

 

好きなことで生きていく

 

この見出しは、芸術家のジャンルの一つであるyoutuberが発言していたものです。

好きな事が一番アイデアの創出のしやすさに直結しますし、良い言葉だと思います。その上で「生きていく」ことは、お金を最低限稼ぐ事を意味します。

 

ファンの期待度と上手く付き合う事で、「好きなことで生きていける」のではないでしょうか?

 

次回もお楽しみに!
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA