医療系ブロックチェーンプロジェクト LIFEXとは

 

さて、今回は医療系ブロックチェーンプロジェクト

LIFEXに関してお話していこうと思います。

 

LIFEXとは

 

LIFEXは、個人・再生医療を含めた新しい医療に関連するサービスを提供します。

「blockchain と人工知能の組合せ技術」の観点から、この事業環境を取り巻く「医療費増加問題」といった様々な問題を、ユーティリティ型電子トークンを通じて解決を計画しています。

このトークンシステムを導入することにより、医療研究者や開発者は、医療ビッグデータの恩恵を受けることができます。

またこのサービスプラットフォームの参加者であるトークンホルダーは、 “新しい医療サービスのインセンティブ ” を受けることができます。

 

LIFEX の事業

医療ビッグデータなどの知識を記録・保存します。

そしてその解析結果やブロックチェーンで得られた結果、ステークホルダーや商用ユーザーに有益な情報を提供します。

医療ビッグデータは、大宇宙での疾病などの共通点を発見するだけでなく、再生医療や個別化医療など、特定の医薬品や予防医療の開発にも活用できます。

 

LIFEX は、遺伝子治療を必要としている人々と公平に研究者の結果を LIFEX BC ネットワークを構築するために 、blockchain 技術を使用しています。

 

人工知能 API と AI チェーン上の blockchain に特別なフォーマットを提供することで、LIFEX BC ネットワークをそれぞれの利用可能かつ適切な人工知能に接続して分析することが可能になります。

この AI チェーンを使用して、LIFEX 自身は、人工知能技術を使用して分析し、世界中の人工知能エンジニアからの分析協力を要求していきます。

LIFEX BC ネットワークでは、情報へのアクセスを許可しながら、民間医療サービス会社様々なサービスを実施する予定です。  

 

 

このプロジェクトの受益者

 

 

•医療機関
医療機関はドナーが提供するデータに基づいて最適な治療を行うことができた上で保存され、その分析結果と LIFEX によって蓄積された知識を参照することが出来ます。  

臨床医だけでなく、研究医も匿名でデータや知識を受け取ることができます。

•医薬品会社/医療機器企業

臨床段階での人口は、その効果と副作用を検証するためにモニターの参加者 (臨床試験参加者) の膨大な数を必要とします。

ブロックチェーンに保存されている医療ビッグデータは改ざんできない本物のデータであり、規制当局の承認前に試験段階の効率性を向上させることができます。
 

その結果、コスト削減効果が薬剤価格に反映され、より多くの患者が適切な適正価格で新薬を使用できる環境が促進されます。
•補助食品会社
植物由来および動物由来の健康成分は、化学物質とは異なり、徐々に効果を提供します。

これらの効果を検証することは、コストの有効性と必要な時間を考慮しても困難な作業です。

医療ビッグデータは、特定の要因にさらされていない集団の発生率を分析し、分析疫学でそれらにさらされていないと発生率を比較する研究のために有用であります。  

 

LIFEXの将来像

今後は、血液の一滴から遺伝子を採取し、LIFEX BC ネットワークで個人認証を行い、一般ユーザーや iPS 細胞の情報や治療用タンパク質情報を密にリンクさせ、さらに活用していきます。
 
また、遺伝子や生物学的データの解析を通じて、治療が必要な場合には、治療用タンパク質を適切なベクターに調製し、それらを予め対処することが可能です。
 

事前治療が叶わなければ、iPS 細胞や幹細胞からの部位や臓器、臓器を培養し、その技術で医療機関に移植することで、最適な組み合わせを勧めることができるはずです。

 

 

次の段階では、これを希望する利用者の血液から ips 細胞を育成し、適切な状態で ips 細胞を凍結保存する施設を建設する予定です。

 

遠い将来、赤ちゃんの子供の血液を採取して、認証して、遺伝子を分析し、何時にどのような病気の確率を計算して、遺伝子を事前に治療することも可能になるでしょう。

 

 

次回もお楽しみに!

 

LIFMEXのページはこちらから

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA