Sponsord Link




日本発祥のモナコイン

さて、今回は日本から誕生したモナコインについて記事にしていきたいと思います。

 

 

モナコインの歴史

 

モナコインは日本発の仮想通貨で、秋葉原界隈を中心に根強い人気を誇っています。

2013年末にワタナベ氏という方が概要を公開し、2014年1月1日に正式に公開されました。

リリース価格は、約2.5円でした。モナコインの仕様は、リリース当初Litecoin(ライトコイン)とほぼ同じでした。

その後、バージョンアップを何度か行い、オリジナルのコインに変化していっています。

平均ブロック作成感覚は約90秒となっていて、ビットコインの約10分と比べてとても速いと分かります。発行総数は約1億500万枚です。

 

発行総数が多い理由は、投げ銭やチップを主な使い方に想定していたからだと言われています。

認証方式に関してはProof of Work(プルーフ・オブ・ワーク)を採用しています。これはビットコインと同じ手法になります。

 

 

 

仮想通貨の認証方式に関して詳しく知りたい方は下の記事をご参照ください。

仮想通貨の認証方式について

 

 

モナコインの価格

2014年にメディアに度々取り上げられ、モナコインの知名度は少しずつ上がっていきます。そして2015年3月にZaif取引所にてモナコインが上場されました。

その効果もあり、モナコインは一時、物凄い勢いで価格を上げていきます。ですが、定着はせずに価格はしばらくしてまた落ち着きを見せます。

 

2017年、ビットコインの送金詰まりが徐々に顕著になり、モナコインにも改良の提案がなされていました。

その改良策としてSegWit(セグウィット)の実装がなされました。

当時、モナコインは世界初のSegWit(セグウィット)実装された仮想通貨となり、注目を集めました。

そのこともあり、再び価格は上昇していきます。

 

SegWit(セグウィット)に関しては、BCHの記事が関連記事として挙げられますので、下に載せておきます。

ビットコインキャッシュの誕生経緯とは?

 

 

10月にはビットフライヤーにも上場されました。また、10月下旬には「モナコイン秋葉原ジャック」というイベントも開催され、盛り上がりを見せています。

今後もモナコインから目が離せません。

 

 

 

 

モナコインの購入方法

 

モナコインは、Zaif及びビットフライヤーでの購入が可能です。

 

下記にリンクを張っておきますので購入したい方はぜひ。

(Zaif)

 

 

(ビットフライヤー)

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

 

次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA