MyTokenのアプリを入れるメリット3選

Sponsord Link




以前の記事で、ALISが外部企業と連携し始める。の中で、

MyTokenという企業を記事にしました。

しかし、このMyTokenというアプリ

いまいち、どんなアプリか知らないな…

 

そんな方のために、今回MyTokenのアプリを入れるメリット3選と題してご紹介していきます。

 

MyTokenのアプリを入れるメリット3選

MyTokenは仮想通貨に関するアプリです。
 

仮想通貨の情報を手軽に見る事が出来るモノです。

MyTokenが掲げるプロジェクトの一つに、乱立している仮想通貨取引所と連携をして、
 

中央集権・非中央集権を問わない取引所の一元化を目指すというものがあります。

中国発ですが日本語にも対応しており、  

時価総額ランキング・仮想通貨の基本情報などのコンテンツが閲覧可能になっています。

MyTokenのホームページはこちらから

 

メリットその1・ホットワードを調べることが可能

ホットワードの検索機能(人気ワード)が可能です。

 

このワードを知ることで、最新の動向把握につながり、トレードに大きな価値をもたらします。

 

ホワイトペーパーはこちらから

 

メリットその2・アプリ内エアドロップで毎日MTトークンを貰うことが可能

MyTokenは、「MTトークン」と呼ばれる独自のトークンを発行しています。

このMTトークンをアプリ内を通じてGETすることが出来ます!(2018.9現在)

 

MTトークンの狙い

 

ターゲット広告
広告主と顧客のマッチングの健全化を目指します。
 

広告主には正確なマーケティング情報を、

顧客には需要のある広告の掲載をする事で広告主とユーザー双方に利益に繋げます。

また、広告費の支払いにMTトークンが適用されます。

 

集約取引
世界中の仮想通貨取引所とMyTokenをつなげて取引の一元化し、

MyTokenを通じて世界中の仮想通貨取引所の取引を利用可能にします。

取引手数料にMTトークンが利用されます。

ルール違反しない前提で、新規プロジェクト立ち上げを目指す開発者と投資家との間にチャネルを作り、

効果的に投資が行われる環境づくりを目指していきます。
(ホワイトペーパーより)

 

メリットその3・MyTokenアプリで、ALISのクリプト記事を閲覧可

ちなみに、記事はALIS内でも、もちろん見れます。

このメリットの恩恵を受けるのは、ずばりライターです。

ライターにとって死活問題である、

記事の拡散能力。

MyTokenのアプリではALISの投稿と同時に連動して、あなたの記事を公開してくれます。

 

ALISって何?と思われた方はまずこちらの記事をご覧ください

ALISの可能性

2018.03.07

  ALISのライターとしての認知度向上の手助けを、MyTokenのアプリが行ってくれるという訳です。

 

以上、MyTokenのアプリを入れるメリット3選でした。

一度アプリをご覧になってみてはいかがでしょうか?

 

MyTokenのホームページはこちらから

 

次回もお楽しみに!!

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA