NEM(ネム)とは?

さて、今回はNEM(ネム)に関してお話していきたいと思います。
 

 

NEM(ネム)とは?

 

 

NEMは、2015年3月に運用開始されたソリューションプラットホームの名称です。名前の由来は、「New Ecomomy Movement」のイニシャルを取って生まれました。

その意は、経済に革命を与えるという想いがあります。

NEMの発行上限枚数は約90億枚とされていて、既に全ての発行は終了しています。

NEMのホームページでは、3つの特徴を説明する形でNEMを利用する利点を挙げています。

(NEM・全文英文)

 

 

NEMの特徴

 

NEMの特徴の一つである「安全性」についてみていきたいと思います。NEMの取引承認方法は、他のアルトコインとは少し異なります。

新規発行された通貨を使用するBTCのようなマイニングは一切行いません。
 

NEMで行われるトランザクション報酬は「ハーベスティング」と呼ばれています。この仕組みは「Pol(Proof Of Importance)という原理で通貨発行を行います。

 

 

Catapult(カタパルト)の特徴

 

NEMの価値が上がると予測する材料の一つとしてCatapult(カタパルト)の実装があります。

 

まず、Catapult(カタパルト)についての概要動画を載せておきます。

 

 

mijinの新エンジンCatapult(カタパルト)で実装される機能の一つに「aggregatetransactions(アグリゲート・トランザクション=複合トランザクション)」というものがあります。

複合トランザクションは、複数の商取引を一つのセットにとりまとめます。その上で、該当する当事者のマルチシグがすべて完結した時に、そのとりまとめた一つのセットを全て「同時」に決済できる機能です。

 

注目すべきポイントは、これらの最終結果の残高が有効である限りにおいて「アトミック・スワップ」として「全て同時」に実行される点にあります。

更には、ワンタイム・スマート・コントラクトを利用して、有効な残高がある状態において、実効可能か不可能かをデザインしてくれます。

 

このCatapult(カタパルト)をNEMが実装することによって、新たな機能が見いだされると期待されています。
 

 

NEMの認証方式(Pol)

認証方式の種類に関しては以下の記事を参考にしてください。

仮想通貨の認証方式について

2018年2月7日
認証方式のPolは、ビットコインが代表的であるPoW(プルーフオブワーク)やPoS(プルーフオブステーク)といったコンセンサス・アルゴリズムの問題点を改善したものです。

NEMのコンセンサス・アルゴリズムの最も大事な指標は、通貨における貢献度の高さになります。  

保有量が多いだけではなく、直近の取引履歴やNEMに関わりの深い人ほど難易度を易しくし、高い報酬を受け取りやすいシステムを採用しています。  

また、セキリュティーの高さも将来性のあるコインの一つとして評価できる点です。

 

NEMではP2P ネットワークで任意の取引を承認することで、不正や改ざんを起こりにくくしています。
 

また、スマートコントラクトも導入しており、比較的迅速な取引が可能になっています。

 

 

 

NEMの購入方法

NEMの購入にはZaif取引所がおすすめです。

以下の記事にZaif取引所の登録方法を書いた記事を載せておきます。登録したい方は下の記事をご参考にして下さい。

Zaifでの取引所開設方法

2018年1月29日

 

 

登録が済んでいる方は、ログインして頂いてNEM購入画面へとお進みください。購入画面では買いたい数量と値段を入力すれば完了です。後は、買い板の動きに応じて売買が成立するか否かが決まります。

 

NEMは去年からぐんぐんと評価を上げ始めており、今年もどのくらいの価値になるのか目が離せません。

 

次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA