Sponsord Link




POW・POS論争

さて、今回はPOW・POS論争に関して、お話していこうと思います。

 

POW・POS論争

仮想通貨投資をしているとたびたび耳に触れることがあります。  

「PoWがよいのか、はたまたPOSがよいのか」という論争です。

 

おそらく、古株の方々はこの議論を3周くらい聞いていると思います。

この永遠に終わることの無い認証方式の論争を今回取り上げていきたいと思います。

認証方式に関しての基本知識はこちらからご覧ください。

仮想通貨の認証方式について

2018年2月7日

 

ポイントのおさらい

仮想通貨ではPoW(プルーフオブワーク)とPoS(プルーフオブステイク)という2つのコンセンサスアルゴリズムが主流になっています。  

その上で、PoWのWは投入された計算量のことで、マイナーにはブロック採掘競争が課されます。
また、ブロック報酬を獲得できる可能性は、マイナー自身が所有するコンピューターの計算量によって決定されます。
PoWの代表格はビットコインです。

 

対して、PoSのSはネットワークに託したトークン合計のことです。
ブロック生成権を手にする確率は、マイナー自身が保有しているトークンの量に依存します。

イーサリアムは現在PoWを採用していますが、PoW/PoSのハイブリッド型に移行する予定があります。

そのため、この論争の火種によくなります。

 

PoWとPoSの大きな違い

規模の経済に対する考え方
PoWの場合、大規模なマイナーが規模の経済によって、比較的有利な立場に立つことができます。

 

規模の経済を説明すると、100億円のコストを掛けられるマイナーが、1億円のコストを掛けられるマイナーの100倍以上の収益をあげられるということです。

これは大規模生産によって、コスト削減が見込めます。
また、ネットワークの地理的な要因によって有利にマイニングを行うことが可能です。

PoSの場合、規模の経済は発生しません。ですが、公平性の問題が生じてきます。

環境の問題

PoSはPoWに比べて消費電力が少なく、環境にやさしいです。

大量のコンピューターを用いて演算を行うPoWよりもPoSは消費電力が少なく済むからです。

PoWは仕事量が多いほどブロック承認率が高くなり、PoSは仮想通貨保有量が多いほどブロック承認率が高くなる図式が関係しています。
 

ただ、環境に優しいからと言って、認証方式はPoSのほうがいいと断言することは、はなはだ疑問であります。

 

この論争は、答えが出でいるわけではなく、今後も周期的に議論になると思われます。

次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA