自分コーポレーション

Sponsord Link




さて、今回は自分コーポレーションに関してお話していこうと思います。

 

 

 

自分コーポレーション

 

まず、このような記事を書こうと思った理由は大きく2つあります。一つ目は仮想通貨投資からさまざまな知識を勉強していく上で、お金のカタチが時代に応じて変わってきていることを学んだからです。

 

このことについては、通貨の歴史とブロックチェーンという記事で説明させていただいています。

 

二つ目は、時代の変化に応じて価値観に関する変化が現れているという点です。「お金」よりもより「自分」と「時間」を大事にした生き方や働き方が大切だという意見が目立ってきました。

この意見には賛成ですが、無計画で自由な生き方を追いかけてしまうと「無一文」になってしまいます。幾ら「時間」が大事だと言っても、やはり「お金」を最低限持っていなければ、普通の暮らしもままなりません。

以上2つから考え出した答えが、「自分コーポレーション」です。

 

 

 

自ら情報発信できるようになった時代

 

インターネットやSNSの発達で、情報収集の速度は格段に上がりました。また、情報収集という受け身の方法と対をなすように、Twitterのような自ら情報発信をして支持を集める手段も登場しました。

少し前までは、新聞やテレビといったメディアから発する情報が全てでした。この方法では、一般人の意見や主張が反映されることは限りなく少なく、芸能人や著名人でしか意見を発信する場がありませんでした。

今ではインターネットを通じたメディア媒体があります。ネット環境さえあれば、だれもが自ら情報を発信できます。画期的な点は、誰もが情報発信できるということは、誰もが賛同者やファンを作ることが出来るようになったということです。

限りなく、フラットな形で情報を発信できるために、誰もが「評価」を得られる時代となりました。各SNSにおいて、「いいね」などの指標は、これらをより分かりやすくしたものです。

目に見えにくい評価を「いいね」の数を見るだけで、数値化することに成功したのです。

このように、インターネット媒体から「評価」を集めることが出来るため、そこから新たな仕事を生み出せる可能性も出てきました。

 

 

 

 

仮想通貨とSNS

 

そこに、ブロックチェーン技術のもと、仮想通貨が誕生しました。この仮想通貨を利用して、会社の株式のように誰もがトークンを発行することが出来ます。

 

新たなビジネスモデルとしてVALUやタイムバンクなど、個人の「価値」や「時間」を評価されるシステムが台頭してきました。今は創世期であり、まだまだ全員が利用していることは決してありませんが、この個人の「評価」を指標化していき、更に生活を充実させていく流れは一般的になっていくと考えます。

ここに、自らの「トークン」を発行していく。これが、スタンダードになると思います。

 

全員が「トークン」を発行することの一番のメリットは、「目に見える評価を他人にカタチとしてあげることが出来る」ことだと思います。

例えば、SNSなどで共感できる意見や支持できる意見を見つけたとします。今は「いいね」などのボタンだけですが、ここに発行している自らの「トークン」をその発信者にプレゼントします。

ブロックチェーン技術による送金速度の向上により、チップのように瞬間的にトークンを送ることが可能です。

もらったトークンはそのまま所持していてもいいですし、換金してもいいと思います。自らの評価を上げることで、プレゼントしたトークンの価値も上がります。

自己評価と他人への支持が密接に関係しあったトークンを換金することで、評価が循環する新たな経済のカタチが出来上がります。

 

 

 

 

芸術家とトークン

 

 

この、システムと最も相性が良いのが「芸術家」です。

名が売れるまで芸術家は非常に苦労します。例えば、聞いたこともない作家だけど「いいな」と思った作品があったとします。そのような人に応援という意味を込めて、自らのトークンをプレゼントします。

このトークンのおかげで、作家は活動を続けることが出来て大成するかもしれません。そして、その感謝は循環していく。

「夢」を追いかけるといってもどうしても金銭面の問題は常につきまといます。きれいごとを言っても、今の世の中では最低限のお金が必要です。

そのような「夢」を手助けする手段としても、個人の「トークン」は活きてきます。

 

 

 

 

 

これからの会社

 

こうしてひとりひとりが、トークンを持ち、「評価」することで自ら経済を動かしていくことが出来ます。

必死に努力し、自分の能力を向上させていくことで、自らの「トークン」の価値を高めることもできるので、一つのモチベーションにもつながっていきます。

 

その役割は「会社」のようであり、未来は誰もが会社になれる「自分コーポレーション」として活動していくと考察します。

 

 

 

次回もお楽しみに!

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA