Sponsord Link




強みの才能を見つける方法

さて、今回は強みの才能を見つける方法に関してお話していきたいと思います。

 

 

強みの才能を見つける方法

 

自らの強みを考える機会は、普段の生活においてなかなかないと思います。

 

その上で、一番わかりやすく直面するのが就職活動です。突然、あなたの強みは何ですか?と今まで聞かれたことのない質問が飛び交い、自らの長所と向き合うことになります。

日本人の特徴として、弱点はたくさん挙げることが出来るのに、長所となると1つも挙げることが出来ないという傾向が強いです。

就職活動で、まず考えることは自分の強みになります。本当に自分の強みを1分間のプレゼンテーションで出来るか試してみて下さい。それが、スムーズに行える人はしっかりと自らの強みを把握している証拠です。

それが出来る方は、以下の文は読まなくても大丈夫です。是非、他の記事をお楽しみ下さい。

 

 

自己分析と他己分析

 

強みを分析する上で、よく用いられる手法が自己分析と他己分析です。

自己分析は、自らが強みと弱みを考えて書き出していきます。他己分析は、相手に評価をしてもらうことです。

この分析をセットで行う事で、評価のズレを修正することが可能であり、より自らを見つめなおすことが出来ます。

就職活動においては、この他己分析を同世代の人とちょっと上の世代の人にしてもらうことがお勧めです。面接官は、かなり年上のケースも多いため、その対策も兼ねているためです。

 

 

 

強みを見つけるための一冊

 

「ストレングス・ファインダー」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。さあ、「じぶん才能に目覚めよう」という書籍に添付されている分析ツールです。

この分析を使用するメリットは、約30種類の特性から、じぶんに見合った性質をPickUpしてくれるという点です。

 

(Amazon Link)

 

 

 

活用すると良い理由

この本の付録である「ストレングス・ファインダー」を使うと、自らの強みを5つ知ることが出来ます。その知った強みを、自己分析と他己分析で評価されていた点か確かめてみて下さい。

重複していれば、自らが強みと把握しているところに、潜在的な才能が秘めていると判断できるというわけです。反対に、全く予期せぬ強みを発見した時は喜ぶべきです。

その新しい才能のページを読んだうえで、もう一度自分を見つめなおしてみて下さい。新しい発見や既存のものからの広がりがあるかもしれません。

強みを見出し、才能を把握する上でこの本はお勧めの一冊になりますので、興味があれば皆さん是非購入してみて下さい。

 

 

次回もお楽しみに!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA