黄色い死神、逆神の「ぽんぽん」

仮想通貨投資をしている以上、価格の動向は常に気になるものです。

それは、Twitter上でも同じことです。
 
 

そのTwiiterで、ひたすら叫んでいる人を発見しました。

起きては、「ぎゃー」

値段が落ちれば「ぎゃー」

値段が上がれば「ぎゃー」(すでに売ってしまっていた)

 

その言動があまりにも価格チャートと真逆であるため、周りからこう称されるようになります。
 

「逆神」と……!

 

さて今日は、みんな大好きぽんぽんさんの特集です。

 
 

逆神の「ぽんぽん」

ぽんぽんさんのプロフィール

元Zaif教幹部
かつて、ザイフトークンの価格を上がることをひたすら祈る集団が存在していました。

 

その名も「Zaif教」  
 

おインコ様を教祖としたこのZaif教で、ぽんぽんさんは幹部として、高い動画制作技術や作品制作技術を遺憾なく発揮していきます。

そのクリエイティブ能力の高さから、少しずつ注目を集めていきます。

 

逆神
その後、教祖であったおインコ様が逃亡し、Zaif教は解散します。

Zaif教解散後も、ぽんぽんさんは仮想通貨投資を精力的に続けていきます。
 

が、発言とは裏腹に、全てその逆の結果を招いていく驚異の能力に、人気が爆発します。

 

逆神のぽんぽん・実例

(ケース1)

(ケース2)

あまりの精度の高さに、ぽんぽんさんが買った銘柄は価格が落ちるというジンクスが出来上がりました。 そのため、ぽんぽんさんが仮想通貨を買うたびに、リプ欄では応援を含めた悲鳴が毎回のように起こっています。

「逆神」・「黄色い死神」・「曲げのエキスパート」・「デスツイート」

さまざまな称号がぽんぽんさんについていきます。

 

その影響力からついにメディア進出へ

逆神という溢れる才能に、メディアもとうとう魅了されていきます。  

【Yahoo!ニュース】

【ラジオ出演】


アーティスティックなぽんぽんさん

ぽんぽんさんの人気の一つに、高いアーティスティック性があります。

個人的にドツボにハマったぽんぽん作品を、一部ご紹介します。


第一回アリスマンアメコミグランプリ優勝

そんなぽんぽんさんのフォローはこちらから

ぽんぽんさん制作のグッズを見てみよう

次回もお楽しみに!

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA