仮想通貨の素朴な疑問6(取引所の比較)

今回は仮想通貨の素朴な疑問を書いていきたいと思います。

 

 

 

まず、取引所はどこを拠点にしているの?

Answer

A.仮想通貨取引所は、日本だけでなく世界中に取引所があります。

そのため、開設しようと思えば、国外の取引所も開設可能です。

 

ただ、最初は少し恐いと思うので、国内の取引所から開設を行うと良いでしょう。国内の取引所の方が、やはり日本人にとって、使い勝手がよくわかりやすいと思います。

取引所によって、扱われている仮想通貨は違いますので、買いたいコイン・トークンがある取引所を選ぶスタイルも理にかなっていると思います。
現状として、海外の取引所でしか購入できないコインも多く、慣れてくると複数の取引所で売買を行うスタイルが標準的になります。
 

 

取引所は日本にどのくらいあるの?

Answer
A.15社以上運営されています。

判断材料に困っているという方は金融庁が認可したリストに記載されている取引所から、取引を始めるとよいと思います。

下記に金融庁が認可したリストを掲載しておきます。

現在、たくさんの企業が仮想通貨交換取引所を金融庁に申請していると言われています。

そのため、今後国内の取引所の数は、増えていくだろうと予測しています。

また、取引所でなくとも、企業でコインを作ろうとしている動きもあり、仮想通貨界隈はより盛り上がっていくものと考えられます。
注目されている企業のコイン発行は、そのコインの価値とともに、どのようなカタチで発行されていくのかにも目が離せません。

 

例えば、イーサリアムの機能を用いての発行となれば、当然企業コインと派生して、その仮想通貨にも再度脚光を浴びることになるでしょう。

企業のコイン発行の動向にも注目です。

 

 

 

取引所開設はどのように行うの?準備しなければいけないものは?

 

Answer

A.まず開設したいと思う取引所のホームページに向かいます。

僕の場合は、Zaifでしたのでそこにアクセスしました。下記にZaifのリンクを掲載しておきます。

 

準備しなければいけないものは、口座開設に必要な本人確認書類になります。

具体的には運転免許証やパスポートなどです。

また入出金の際に口座を持っておくとよいと思います。

取引所開設は、各取引所ごとに開設の仕方を記事にしていますので、是非参考にしてみてください。
カテゴリー欄の取引所開設から、各取引所開設方法がご覧になれます。
是非、開設して素敵な仮想通貨投資生活をお楽しみください。

次回もお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA