仮想通貨の素朴な疑問9(イーサリアム編)

Sponsord Link




さて、今回はイーサリアムに関してお話していきたいと思います。

認知度が高いイーサリアム

ビットコインに次ぐ2位の時価総額を誇るイーサリアムは将来有望なコインの一つです。  

その理由の一つとして、スマートコントラクトが挙げられます。  

仮想通貨のオリジナルコインであるビットコインを凌ぐ機能に、今後仮想通貨をけん引していくのはイーサリアムだという声も稀に聞きます。

スマートコントラクトに関しては以下の記事で説明しております。

ぜひ、ご参照ください。

イーサリアム(ETH)とは?

2018.02.05

四段階のアップデート

イーサリアムの機能を支えている裏付けが四段階のアップデートになります。  

必要に応じて、バグの修正や機能の強化を行っていくこのアップデートの時期には、投機的な側面でも注目を集めます。

なぜなら、よりよいアップデートはイーサリアムの価格向上に直接つながるからです。

2018年4月現在、まだ4段階全てのアップデートは終えていません。

ですので、イーサリアムはまだ完全体にはなっていないと言え、今後も価格上昇が見込めます。

イーサリアムの四段階のアップデートに関しては、以下の記事でまとめています。

詳しく知りたい方は、ご一読ください。

イーサリアムの無限の可能性(4段階のアップデート)

2018.02.05

イーサリアムと企業の繋がり

イーサリアムが魅力的なポイントとして、企業と活発に提携して活動を行っている点にあります。  

日本のトヨタ自動車を筆頭に国内だけでも、大企業とその企業の特色に応じたイーサリアムの使用を画策しています。

海外でも日本同様、イーサリアムと企業の提携が施行されています。

注目はマイクロソフトとの提携事業です。超大企業とイーサリアムが組むことで、計り知れない市場価値を生み出すビジネスが誕生するのではないかと期待しています。

またAmazonとの提携も噂されており、この関連のニュースも目が離せません。

2017年、2月には興味深い連合が設立されています。
 

その名も「エンタープライズ・イーサリアム・アライアンス(EEA)」。

 

イーサリアムのスマートコントラクト技術をビジネスで実用していくために設立された連合です。

今後の広がりに期待です。

イーサリアムと企業の提携に関して、より詳しく知りたい方は以下の記事をご覧ください。

イーサリアムと企業の連携

2018.02.06

次回もお楽しみに!

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA