評価経済は地獄なのか


皆さんは「評価経済」という言葉を聞いたことはあるでしょうか?

新しい経済の代名詞ともいえるこの言葉。

今回はその世界をご紹介していこうと思います。

 

評価経済と貨幣経済

貨幣経済

今、私たちが普通に行っている生活をイメージすれば分かりやすいと思います。

 

貨幣(法定通貨)と商品の交換をしている経済のことです。

 
お金を稼いで、商品を買う。

この流れを貨幣経済と呼びます。

 

評価経済

 

評価経済とは、科学的な合理性よりも「自分が外部に与えられる影響」が価値を生み出します。

 

あくまで評価に見合う実力を持つ者が「評価」されるチャンスを得る世界です。

何もせずにじっとしている者に勝手に「評価」されるほど甘い世界ではないです。

そこだけは、勘違いのないように。

 

評価経済は地獄なのか

評価経済は地獄だという主張をよく耳にします。

それはインターネットやSNSでの自らの気持ちに対して、

「共感」を得た者のみが評価されるのだと思われている方が、多いからかもしれません。

実際に今の現状はその通りだと思います。

影響力の持つ者「インフルエンサー」が共感を集めて、「評価経済」の圏内を創り出していきます。

そしてそのコミュニティーが活性化することで、新たな経済を創り出していくという流れです。

この説明だけ聞くと、問題は無いように思えます。

 

評価経済の評価指針はどこからくるのか

では評価経済の評価指針は、一体だれが決めているのでしょうか?

そのルール設定の実権は全て「インフルエンサー」にあります。

これが「地獄」だと思われる所以です。

そもそも、インフルエンサーはある分野において影響力が強いだけであり、

神でも何でもありません。

 

そしてルール設定に関して、一般の考えを逸脱しているほうが良しとされている風潮があります。

別にその主張がいいのか悪いのかはこの際、置いておきましょう。

問題はインフルエンサーが発信した意見がどんなものであれ、

コミュニティー圏内の人は「素晴らしい」と言い、絶賛しているところです。

そこに気持ち悪さを感じる人が、出てきているのだと思います。

「価値観」は人それぞれですので、別に細かいことは何も思いません。

それでも、インフルエンサーのマウントを取るようなトークに群がるフォロワー。

コミュニティー外から見ていて、違和感を覚えられても仕方がありません。

 

評価経済は貨幣経済の上で成り立っている

 

評価経済は貨幣経済の上で成り立っています。

決して別々の世界ではありません。

フリーランス・ブロガー・クリエイター、
自由に生活しているように見えていても、何らかの形で企業と関わっています。

 

本来は積み上げた評価を貨幣経済に還元するのが自然なカタチです。

 

独自の経済圏だけで生活する「トークンエコノミー」という考え方もありますが、
現段階ではあくまで試用段階の域です。

 

仮想通貨と「トークンエコノミー」

2018.05.06

 

ブロックチェーン技術の発達および国家がどこまで許容するかが分からない以上、
貨幣経済に重きを置くことは当然だと考えています。

 

ブロックチェーン技術と評価経済

 
評価経済が健全に成り立っていくには、評価の指針が分散すべきだと思っています。

色んな意見を各ユーザーが持っていて、その意見を交り合わせることで相乗効果を生み出していくことが理想です。

そしてそこに不公平が無いように、価値の交換にはブロックチェーン技術を活用していく事を期待しています。

 

そうすれば評価の可視化を紐づけた上で

 

「評価経済」が成り立つのではないかと個人的に考えています。

 

この「新しい経済」にはいろんな意見があると思います。

どう「評価経済」が現社会に適応していくのか。
非常に今後が楽しみです。

 

次回もお楽しみに!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA