Sponsord Link




コールドウォレット・ホットウォレットの違いとは?

コールドウォレット

 

 

コールドウォレットは外部のネットワークと隔離された場所で、秘密鍵を保管されたウォレットです。

そうすることによって、ハッキングの流出を防止しています。

 

代表的なものがペーパーウォレット(紙幣)です。

 

ペーパーウォレットは紙面上に公開鍵(アドレス)と秘密鍵を印刷したものになります。紙幣ですのでイメージしやすいと思います。

例えば、紙幣以外でも印刷可能なモノであれば、金属でも石板でもコールドウォレットになり得ることが出来ます。

ペーパーウォレットの形で、コールドウォレットにしておくことはセキリュティー的に非常に安心できます。 ただし、紙という性質上、経年劣化や紛失してしまう可能性があるため、ハッキングとは異なるところで管理方法に気を付ける必要があります。  

 

 

ホットウォレット

 

ホットウォレットは、インターネットに接続されているウォレットの事をさします。

インターネット上の仮想通貨取引所を通して、取引を行う際もこのホットウォレットを利用することになります。

インターネットに常時接続されているために、ハッキングの脅威に常に晒されていることは念頭に置いておかなければなりません。 リアルタイムで送金をしたい場合には、このホットウォレットは非常に有用であり、すぐに処理を行うことが出来ます。

 

 

 

 

 

仮想通貨取引所の保管の仕方

 

取引所では、基本的にこのソフトウォレットとハードウォレットを併用するかたちで保管されています。コールドウォレットのセキリュティーの高さとホットウォレットの利便性の高さを上手く活かしながら、資金管理を行います。

このように管理を行う理由は、仮想通貨の送金処理速度の速さを活かす時にはホットウォレットを利用するからです。

コールドウォレットに全ての資産を入れておくと、セキュリティー面では盤石であることには間違いないですが、運用面のスピードが落ちてしまいます。

そのため、大多数の資産をコールドウォレットで管理しておき、残りの運用分の資産はハードウォレットで管理するという方法が主流で取られています。  

 

取引所の管理方法を、個人の管理方法に模倣しても良いかもしれません。 この管理方法が、最も2つのウォレットの良さを生かしている形であるからです。自らの資産をしっかりと守るためにも、この2つのウォレットを上手く活用することが、よりよい仮想通貨投資に繋がっていきます。

 

 

次回もお楽しみに!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA