仮想通貨とWEB3.0

さて、今回は仮想通貨とWEB3.0に関してお話していきたいと思います。

 

 

WEB3.0とは

 

その前に、「WEB1.0とWEB2.0」の概念の確認をしておきましょう。

「WEB1.0」はそれ自身が消失するまでは、名前はありませんでした。当時の「ネットに繋がる」は、今現在のような双方向にやりとりするようなものではなく、モデムを通してダイヤルアップ接続を行うことでした。

World Wide Webは、膨大な情報を持つハコに過ぎませんでした。

「WEB2.0」になると、高速インターネットが双方のやりとりを実現しました。

WEBはもはや覗き込むものではなくなり、自ら参加するものへと舞台が変わっていきます。

国境を超えたグローバルな情報共有は、「ソーシャルメディア」の時代を生み出していくことになります。

その上で、YoutubeやTwitterなどの各SNSのプラットフォームにおいて趣味・嗜好にあわせた空間が、目覚ましい発展をとげていきます。

 

 

 

WEB3.0と仮想通貨

 

WEB3.0は、WEB2.0の代表的なFacebookやUberのような会社自身が、公共インフラを独占するだけのプライベートネットワークを築いている状態からもう一歩踏み込もうとしています。

 

WEB3.0では、開かれたネットワーク上で価値共有できるハブを複数用意しようとしています。

 

WEB3.0のメリット

 

・データの所有権が個人に帰属する

私たちはWEB1.0のように、再びデータを完全にコントロールできるようになり、そのセキュリティも暗号化されます。すると情報は許可制に、また状況ごとのシェアが可能になります。

現在は、AmazonやFacebookのような巨大企業が、食習慣から所得までの情報、および商品の関心からクレジットカードの利用履歴などのデータを蓄積するサーバーを各々自前で管理しています。それはただ自社のサービスを向上するためではありません。

マーケッターや広告代理店はそのデータの情報を得るために、毎年何十億ドルというお金を払っています。

 

・ハッキングや情報漏洩が大幅に削減される

WEB3.0の世界では、データが非中央集権化分散化されるために、ハッカーはネットワーク全体を止める必要があります。ブロックチェーン技術などが具体的な例です。

 

・相互運用(インターオペラビリティ)

WEB3.0では相互運用を利用することで、アプリケーションのカスタマイズが容易になります。

スマートフォン、TVや自動車、電子レンジなどさまざまな機器がスマートセンサー上で利用でき、アプリがデバイスに依存することがなくなります。

 

現状では、アプリはOSに依存しており、1つのOSに利用が制限されていることも多いです。たとえば、アンドロイド向けの暗号通貨ウォレットはiOSでは使うことができません。

 

そのため、複数のデバイスを使うユーザーはストレスをためています。
また、開発者側も、そのソフトウェアのアップデートやトラブルシューティングが2度手間となるため、コストがかかっているのが現状となっています。

 

 

仮想通貨とWEB3.0

 

・パーミッション不要のブロックチェーン
WEB3.0では、誰もがアドレスを作り、ネットワークとやり取りすることが可能です。

 

 

・コントロールの焦点が存在しないこと

イーサリアムのようなブロックチェーンがプラットフォームを提供し、中央の管理者は排除されます。

そのため、WEB2.0のような企業にユーザーの情報管理をする権限がなくなります。
つまり、個人が他者のアイデンティティをコントロールすることはなくなっていきます。

 

このように、WEB3.0ではより個人のプライベートも尊重された上で、情報発信が可能になります。

この環境が整えば、前回記事にさせていただいた「自分コーポレーション」も現実に近づくと考えます。

自分コーポレーション

 

 

是非こちらの記事もお読み下さい。

 

次回もお楽しみに!

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA