ZAIF(ザイフ)トークンの特徴

Sponsord Link




今回は、個人的にも長期ホルダーであるZAIF(ザイフ)トークンについてお話していきたいと思います。

 

 

 

ZAIFトークンの特徴

 

テックビューロ社が発行している独自トークンになります。ZAIF(ザイフ)トークンの発行枚数は90億枚です。

Counter Party(カウンターパーティー)という仮想通貨機能を用いて、このZAIFトークンは発行されています。

 

ちなみに、テックビューロ株式会社の代表取締役である朝山氏は、仮想通貨のひとつであるNEM(ネム)のブロックチェーンプロジェクトである「NEM.io財団」の理事を務めています。

 

 

ZAIFトークンのロックアップの発表

 

  ロックアップとは、発行済み総数のうち、未配布のトークンの一部を売却や譲渡出来ないようにします。  

そのために発行者から隔離し、凍結する手法をロックアップと呼びます。  

2017年10月にテックビューロ社から発行済みのZAIFトークン総数の25%を2018年12月末日までにロックアップすると発表がありました。  

このロックアップをすることで、全体の流通量が減ります。そのため、1枚当たりの価値が上がることが期待されます。

 

下記にロックアップに関する記事を掲載しておきます。

ZAIFトークンへの期待

ZAIF(ザイフ)トークンはさまざまな要素から、価格が上がる可能性を持っています。

・株式の役割

ZAIFトークンに期待している点として、まずテックビューロ社の株式の役割を果たしていることです。

COMSAを始め、さまざまな案件をテックビューロ社は持っています。

その全ての材料が、ZAIFトークンに直結して価格が変動します。

そのため、良い材料が出てくると一気に反映されて、価格が上がることは非常に魅力的です。

・価格が安価

2018年4月現在、価格は0.8円前後を推移しています。

非常に安価なため、購入できる数量も他の仮想通貨に比べて、たくさん買う事が可能です。

投機的な側面においても魅力的であることが分かります。

・NEMプロトコルへの移行

最も期待できる要因に、NEMプロトコルへの移行があります。

NEMもまだカタパルトが控えていることを考えると、ZaifトークンのNEMプロトコルへ変更は大きな期待が持てます。

NEMカタパルトに関しては以下の記事をどうぞ。

NEM(ネム)とは?

2018.02.11
ZAIFトークンは、個人的に非常に応援しているトークンであるので今後も注目していきたいです。  

 

 

 
次回もお楽しみに!!

 

 

 

 

Sponsord Link




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA